冷えと気管支炎の関係

冷え性が原因で気管支炎になると言われてもイマイチピンと来ない方が大半なのではないでしょうか。確かに一見冷え性と気管支炎の間には何も関連性が無いように思えます。

 

 

 

しかし、風邪や気管支炎、インフルエンザなどは冷え性の悪化による免疫力の低下が原因となっている場合がしばしばあります。

 

 

 

この記事ではそんな冷え性が引き起こす気管支炎などの病気について詳しくご紹介していきます。

冷え性は免疫量の低下を起こす

ついつい放っておいてしがちな冷え性。私のことだとギクリとした人も多いのではないでしょうか。冷え性は症状だけを見るのであれば少し手足の先が冷たい程度でそこまで生活に支障をきたしたり、健康を害したりすることはありません。

 

 

 

しかし、冷え性を放っておくと知らないうちに身体がどんどん弱くなってしまいます。というのも身体を細菌やウィルスから守ってくれる免疫機能は体温が適切に保たれていなければ働きが弱くなってしまうからなのです。

 

 

例えば免疫が最も働く体温は37℃と言われていますが、それが35.5℃以下になると免疫力が大きく下がってしまうと言われています。冷え性は慢性化すると四肢の末端だけの冷えに留まらず基礎体温を下げてしまうので、同時に免疫力を下げてしまうことに繋がるのです。

 

 

 

特に女性の場合は冷え性による免疫力の低下が起こってしまうことが多いため気を付けなければなりません。なぜならほとんどの女性は冷え性の傾向を大なり小なり持っているとされているからです。

 

 

 

女性の方ですぐに風邪を引いてしまうという方やいつも身体がだるいという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。もしかするとそれは冷え性による免疫力の低下が関係しているのかもしれません。

冷え性が原因で気管支炎になる理由

冷え性による免疫低下によって起こる病気として多いのが気管支炎です。気管支は構造上細菌が繁殖しやすい場所ですから、免疫が下がると炎症を起こしやすくなってしまうのです。

 

 

 

あまりにも重症化すると呼吸困難になってしまう場合もあるため、冷え性を長く患っているという方は注意しなければなりません。

 

 

 

冷え性を原因として起こる気管支炎はいきなり気管支が炎症を起こすのではなく、はじめは普通の風邪から始まります。慢性的な冷え性を抱えている人は免疫力が低下しているため、風邪の菌が気管支で増殖することを防ぐことが出来ず、気管支炎を発症してしまうのです。

 

 

冷え性に加えタバコを吸っている方の場合は吸っていない方と比べて更に気管支炎のリスクが高まるようです。タバコは気管支や肺に大きく負担を掛けますから、ただでさえ弱っている免疫の働きを更に阻害することに繋がってしまいます。

 

 

 

また、冷え性によって免疫力が低下している状態が長く続くと慢性気管支炎になってしまうこともあるようです。慢性気管支炎とは読んで字のごとく常に気管支が炎症を起こしている状態のことで、一度慢性気管支炎になってしまうと完治に約2年掛かるです。

気管支炎以外のリスクも高まる

冷え性が元で免疫力の低下が起こった場合、当然ながら気管支意外の病気にもなりやすくなります。例えばインフルエンザなどは代表的で、冷え性を長く患っている方の中には毎年インフルエンザに罹るという方もいらっしゃるようです。

 

 

 

免疫低下により起こる最も恐ろしい病気ががんです。がん細胞はどれだけ健康な人でも一日に5000個前後生まれてしまうと言われていますが、免疫細胞が正常に働いている場合はそのすべてをしっかり撃退することが出来ます。

 

 

 

しかし、冷え性によって免疫量が低下してしまっている場合はがん細胞を上手く排除することが出来ず、がんになることがあるようです。

 

 

また、がん以外にも免疫力が低下することによって慢性関節リウマチを引き起こす場合があります。リウマチは命の危険性こそありませんが、徐々に関節が変形するなどの症状が出る恐ろしい病気ですから、出来るならなりたくない病気と言えるでしょう。

 

 

 

このように冷え性は風邪や気管支炎になりやすくなるだけでなく、がんなどの命を奪ってしまう病気になる原因になりかねません

 

 

 

実際に東洋医学の世界では「冷え性は万病のもと」とも言われている程危険な状態であるため、冷え性の症状があるという方はしっかりと対策をしておくことが必要になります。

冷え性で免疫が落ちている時の症状

風邪になりやすい

 

冷え性が原因となって免疫力が弱っている場合、風邪を引きやすくなってしまいます。一ヵ月半に1度くらいの割合で風邪を引くという方は冷え性が原因かもしれません。

 

 

 

また先ほどもご紹介したように毎年インフルエンザに罹るというような方も冷え性によって免疫が低下している可能性が高いでしょう。

風邪がなかなか治らない

 

免疫力が落ちているときは風邪になりやすく、また一度風邪になると治りにくくなっています。酷い場合は風邪が治ったと思ったらまたすぐに風邪を引いたということもあるようなので注意が必要です。

 

 

 

冷え性による免疫力の低下が起こりやすい年代は30代から更年期に入るまでが最も多いとされていますから、該当する年代の方は冷え性の改善を目指すと共に手洗い・うがいなどで極力身体に菌が入り込まないようにする必要があるでしょう。

便秘・下痢

 

冷え性になると血の巡りが悪くなってしまうため、便秘や下痢になりやすくなってしまいます。それに加えて免疫力の低下が起こっていると急性胃腸炎などの腸の病気に罹ってしまうこともあるようです。

 

 

 

慢性的な下痢や便秘は冷え性や冷え性による免疫力低下の代表例と言えますので、思い当たる節があるという方は早急に根本的な冷え性のケアが必要になります。

冷え性によって気管支炎を起こさないために

冷え性が原因となって起きる気管支炎などの病気を予防するためには身体を常に温かくしておく必要があります。

 

 

免疫力の低下を防ぎ気管支炎などの病気を予防するために最適な冷えの予防方法をご紹介しますので参考にしてみて下さいね。

お風呂に長く入る

湯船にしっかり長時間入ることは日常生活の中で手軽に出来る冷え性の改善方法としてオススメです。お風呂であれば毎日入りますし、何より特別な道具などを必要としないので今日から実践できる点が嬉しいですね。

 

 

 

長時間入る場合はのぼせてしまわないように半身浴すると良いでしょう。このとき胸の下辺りまで湯船に浸かっていると血行促進効果が高まります。

 

 

 

また、お風呂からあがった後は素早く寝る準備をするというのも気管支炎などの病気になってしまわないための予防として効果的です。

 

 

 

お風呂でしっかり温まっても湯冷めをしてしまうと意味がありません。なので、寝る少し前にお風呂に入るようにして、お風呂の後はすぐ寝るようにして下さいね。

運動

運動は習慣になるまでは少し面倒に感じますが、一度生活習慣の一部にしてしまえばこれほど健康的な習慣はありません。

 

 

 

運動することは冷え性の改善にも繋がりますし、免疫力を高める効果もあります。またそれに加えてストレスの解消効果も期待できるため、心と身体を健康に維持するためにとても有効です。

 

 

 

しかし、慢性気管支炎になっているという方はあまり運動をしない方が良いでしょう。慢性気管支炎になっている場合は上手く呼吸をコントロールすることが出来ないため、喘息のような症状が出てしまうことがあります。

まとめ

気管支炎になった経験があるという方は分かるかと思いますが、気管支炎になると息苦しく少し動いただけで咳き込んでしまうため非常に厄介ですよね。

 

 

 

冷え性でない方の場合ただの風邪で済むものも、冷え性による免疫力の低下が起こっている方の場合は気管支炎や肺炎などになってしまいかねません。

 

 

 

そうならないためにも日ごろから身体を冷やさないようにして、しっかり冷え性を対策しておきましょう。