マッサージで身体を温める

冷え性の原因は血行やリンパの流れが滞ることによって引き起こされると考えられています。特に同じ姿勢を続けることが多いという方は血液やリンパの流れが悪くなることで冷え性を引き起こしてしまっている可能性が高いと言えるでしょう。

 

 

 

この記事ではそんな冷え性の原因となりがちな血液やリンパの流れを改善するためのマッサージ方法について詳しくご紹介します。なかなか冷え性が改善しないという方は是非参考にしてみて下さいね。

マッサージで冷え性が治る可能性

世界的に見ても人種に関係なく女性は男性に比べて冷え性の傾向が強いとされています。

 

 

 

特に日本人の場合は冷え性が動脈硬化など命を奪いかねない病気に繋がりやすいということが分かっていますから、何とかして冷え性をしっかりケアしておかなけばなりません。

 

 

 

女性に冷え性が多い原因は筋肉量の不足子宮や卵巣などに血液が停滞しやすいなどのものがありますが、これらはどれも抜本的な解決が難しく根本的に冷え性にならない体質を作るというのは女性にとって困難なことと言えるでしょう。

 

 

そこで必要になってくるのが手軽に実践可能な冷え性の改善習慣です。例えば食事のバランスや生活リズムを見直すというのは冷え性の改善だけでなく、その他の病気を予防することにも繋がるため効果的です。

 

 

 

他にもシャワーだけで済ますのではなく、お風呂に入るときはしっかり湯船に浸かるという習慣を心掛けるのも良いですね。

 

 

 

そんな冷え性の改善習慣の中で最もオススメしたいのが「マッサージ」です。冷え性に効くマッサージの方法とはどんなものがあるのでしょうか。

ツボ押しマッサージで冷え性を改善

人間には約365個のツボがあると言われています。所謂ツボとは簡単に言うと末梢神経や毛細血管など集中している場所や、血液が停滞しがちな場所のことで、指圧によって血行やリンパの流れを改善できる部位と言い換えることができます。

 

 

 

例えば冷え性を改善するために効果的なツボに「風池」と呼ばれる場所があるのですが、風池は冷え性によって起こる頭痛や肩こりをほぐすために大変効果的です。

 

 

 

場所もうなじの両端にあるくぼみと自分でも押しやすいところにあるため、冷えが気になったときは指圧してみると良いでしょう。

 

 

ツボ押しマッサージをするときは出来れば他の人にやってもらうようにして下さい。というのも、風池のように自分でも充分に力を加えられる場所にツボがあれば良いのですが、ツボの場所によっては自力では押すことが出来ない場合が多いからです。

 

 

 

加えてツボの中にはしっかりと体重をかけて指圧しなければ効果が期待できない箇所が少なくないため、そういった面を加味しても冷え性の改善のためにツボ押しマッサージをする場合は誰かに手伝ってもらった方が良いと言えます。

冷え性にリンパマッサージが効果的ってホント?

リンパ、とはよく聞きますがそもそもどんなものか皆さんはご存知でしょうか。リンパとは正式にはリンパ液のことを指しています。

 

 

 

リンパ液は血液中に含まれる血漿(けっしょう)と呼ばれる成分が血管の外に染み出したあと、リンパ管に移ることで生まれるもので、身体中に張り巡らされているリンパ管を通って全身を循環しています。

 

 

 

このリンパ液は血液から受け取った栄養を細胞に引き渡す働きをしているため流れが滞ってしまうと細胞に適切な量の栄養が行き渡らず、冷えの原因になってしまいます

 

 

このようなリンパの流れが悪いことで起こる冷え性を改善するためにはリンパマッサージが効果的です。特にマッサージの効果が期待できる箇所は鎖骨や首の周り、脇の下、太ももの付け根などで、お風呂上りなどにマッサージすると良いでしょう。

 

 

 

冷え性対策をしっかり行っているはずなのに冷え性が改善されないという場合は血行だけでなくリンパの流れが悪くなっている場合があります。もし、他のマッサージによって冷え性が改善されないようであればリンパマッサージを思い出してみて下さいね。

整体に行ってマッサージをしてもらうのもアリ

身体全身の血行を改善しようとすると、素人では難しいところがあります。日常的に毎日マッサージをすることもたしかに効果的ではあるのですが、やはりマッサージの効果は専門家に頼んだ方が出やすいと言えるでしょう。

 

 

 

冷え性を改善することを目的にマッサージをしてもらう場合はあんまマッサージ指圧師などの国家資格を持った方に行ってもらうとより効果的に冷え性を改善することが出来ます。

 

 

 

無資格のマッサージ師がすべて悪いとは言いませんが、最近流行りのカイロプラクティックや独自考案されたマッサージは問題になっていることが多く、実際に死亡事故を起こしているマッサージ店もあるようです。

 

 

冷え性を治すためにマッサージを受けたのに、かえって骨や神経などに異常が出てしまったら意味がありませんので、整体を受ける際には資格の有無を必ずチェックしておくようにしましょう。

 

 

 

熟練のマッサージ師は冷え性を改善するためにはどこをマッサージすれば良いのか熟知しており、何より患者一人一人の症状をしっかり把握した上で総合的な施術を行ってくれるため安心してマッサージによる冷え性の改善を期待することが出来ます

 

 

 

頻繁に通う必要はありませんが、月に1度くらいの頻度でマッサージをしてもらうと冷え性がかなり改善されるためオススメです。

自宅で手軽にできるマッサージ

ふくらはぎのマッサージ

 

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど血液の循環に深く関わっている筋肉です。なので、マッサージによりふくらはぎの筋肉をほぐしておくと血行が良くなり、足先の冷えを改善することに繋がります。

 

 

 

オススメの方法はまず座った状態で立膝を突き、親指でグリグリとふくらはぎを刺激するというもの。手軽に出来る方法ではありますが、足先の冷えを緩和するためには効果的ですので、足先が冷えやすいという方は試してみて下さいね。

首のマッサージ

 

首や肩はデスクワークなどをしているとどうしてもこってしまいますよね。特に冷え性の症状が強い場合は寒さから首や肩に力が入ってしまうため、尚更頭痛や肩こりの原因となってしまいがちです。

 

 

 

そんな首や肩の筋肉をほぐし血行を良くするために効果的な首のマッサージをご紹介しましょう。方法は簡単ではじめに左右に首を傾け少し力を入れて頭を下に10秒間伸ばします。その後首を前後に倒し同じように10秒間頭を手で伸ばして終了です。

 

 

 

この方法は首の周りのこりを取るためにとても良いのですが、寝違えているときなど首に違和感がある状態で行うと悪化させてしまう恐れがあるため注意してください。

内もものマッサージ

 

内もものマッサージも首やふくらはぎのマッサージと同様に冷え性を改善するために効果的です。

 

 

 

まずは仰向けになって両足を揃えて膝を立てましょう。次に片足ずつ痛くならない程度に外側へ足を開きます。このとき腰は浮いても構いませんが、倒していない方の足は動かさないようにして下さい。足を開いた状態を30秒ほどキープし、それを両足ずつ各5回行います。

 

 

 

このマッサージは子宮や卵巣に停滞している血液を循環させることで、血行改善を促し冷え性の改善に役立ちます。生理が重たいという方や生理不順があるという方は特に効果が期待できるので是非やってみてくださいね。

まとめ

私たちの身体は普通に生活をしているだけでも、筋肉がこわばってしまったり、血液が停滞してしまったりするため、冷え性の原因を知らないうちに作ってしまいがちです。

 

 

 

習慣的なマッサージはそんな停滞しがちな血液やリンパの流れを改善するために大変効果的です。冷え性を原因として起こる怖い病気を予防するためにも、是非ご紹介したマッサージ方法を試して、冷え性の予防・改善をしておきましょう。