冷え性とむくみの関係とは?知っておきたい4つの改善法

手や足先が常に冷える「冷え性」と、夕方になると足がパンパンになったりする「むくみ」。どちらも私たちの身近な症状ではないでしょうか。特に女性においては、このどちらの症状にもお悩みの方は多いと思います。

 

 

 

今回は、この冷え性とむくみの基礎知識と、その関係、そして4つの改善法についてご紹介します。改善法では、冷え性とむくみのどちらにも効果的な食材や、マッサージやストレッチなど、今日から実践できる方法をご紹介していきます。

 

 

 

辛い冷え性とむくみにお悩みの方は、是非参考にしてくださいね。

まず知っておきたい、冷え性とむくみの基礎知識

冷え性とは

冷え性とは、何らかの原因で身体の末端、手・足先などが冷えた状態になっていること。寒い冬に外に出れば、当然体の末端も冷えます。これは、身体の防御反応によるものです。脳が末端の血管を収縮させる信号を出し、身体の体温を保つようにしているのです。一方で冷え性は、慢性的にその症状が続いている状態です。

 

冷え性の原因とは

冷え性の原因は、様々なものが考えられています。主なものは、運動不足による筋力低下ストレスによる自律神経の乱れなどです。また、生活習慣病による動脈硬化が原因であることもあります。人間ドックなどで血管系について指摘を受けている場合は、特に注意が必要です。

 

むくみとは

むくみとは、身体の細胞と細胞との間に、細胞間液(間質液)が溜まった状態のこと。もともと、細胞間液は、細胞間で栄養などの受け渡しをする際に行き来しています。しかしながら、何らかの原因で、細胞にこの液が取り入れられず、細胞間に溜まってしまうことによりむくみが発生します。

 

むくみの原因とは

細胞間液が溜まってしまう原因として考えられるのが、リンパ管や静脈の流れが悪くなっていることです。食生活の乱れストレス運動不足など、その理由は様々です。ひとことでむくみと言っても、その原因を特定するのは難しい場合もあります。

 

冷え性とむくみの関係

冷え性とむくみの原因は同じ?

冷え性とむくみの原因として挙げられるものの中には、共通しているものがあります。主なものは、運動不足による筋力低下食生活の乱れストレスによる自律神経の乱れなどです。これらの原因は、毎日忙しく働く方の中ではごく身近なもの。それなので、冷え性とむくみは、併発しやすい症状であると考えられます。

 

ふくらはぎ=「第二の心臓」

冷え性とむくみの原因の中でも注目したいのが、運動不足による筋力低下です。冷え性やむくみの症状が、特に脚に出るという方、それは、脚の筋力低下が原因かもしれません。

 

 

脚の中でも特にふくらはぎは、「第二の心臓」と言われるほど大切なもの。ふくらはぎの筋力が低下していると、心臓から脚の末端まで血液を送るポンプ機能が上手く働かず、その結果血行不良やむくみが発生します。

むくみの原因となる「かくれ冷え性」

冷え性の中でも、「かくれ冷え性」と呼ばれるものがあります。「かくれ冷え性」とは、内臓が冷えている状態のこと。手や足先の冷えだけが冷え性ではないのです。

 

 

内臓が冷えていると、内臓の動きが鈍くなり代謝が上手く働かなくなります。その結果、血行不良やむくみが発生します。日頃から便秘がひどい方や、手足がむくみやすい肩こりがひどい人は、この「かくれ冷え性」かもしれません。

冷え性とむくみ、知っておきたい4つの改善法

@食事

冷え性とむくみは、食生活の乱れから起こる場合があります。普段から欠食が多い方や、ジャンクフードなどを食べることが多い方は、まずは1日3食バランスの良い食事を取ることが大切です。

 

 

 

また、冷え性とむくみに効果が期待できる食材があります。今回は、そのような食材の中でも、冷え性とむくみ、その両方に効果が期待できるものを3つご紹介します。

 

 

その@レモン

レモンには、冷え性とむくみのどちらにも効果が期待できる、クエン酸が多く含まれています。クエン酸は、血液をサラサラにする働きを持つため、血行不良の改善に繋がります。また、廃物の排出を促す働きも持つため、むくみにも効果が期待できます。

 

 

そのA玉ねぎ

玉ねぎも、クエン酸と同様、血液をサラサラにする成分が含まれています。また、東洋医学では身体を温める食材である「陽性食材」として知られています。余分な水分を排出する力があるとされるため、冷え性とむくみ、どちらにも効果が期待できる食材と言えます。

 

 

そのBかぼちゃ

かぼちゃには、ビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1には、水分の代謝を助ける作用があるため、不足するとむくみの原因になります。また、玉ねぎと同様の「陽性食材」であるため、冷え性にも効果が期待できます。

 

Aふくらはぎのマッサージ

足先の冷え性や、ふくらはぎのむくみにお悩みの方におすすめなのが、ふくらはぎをターゲットにしたマッサージやストレッチです。前述した通り、ふくらはぎは「第二の心臓」とも言われ、ふくらはぎの筋肉は血液を足先まで運ぶポンプ機能を担っています。

 

 

まずは、足首からひざ下にかけて、左右の手で雑巾絞りのようにふくらはぎをほぐしいきます。次に、握りこぶしを作り、ふくらはぎの両側に当て、足首からひざ下にかけてさすりあげます。最後に、両手を広げて足首を持ち、ひざ下までさすりあげ、ひざ裏を親指でグッと刺激します。余り強くしすぎると、内出血を起こす場合もあります。無理のない程度に、「痛気持ちいい」と感じる程度がベストです。

 

Bふくらはぎのストレッチ

両足を伸ばして床に座ります。仰向けで寝転んでもOKです。初めに、かかとをグーッと突き出してください。そして次は反対に、つま先をグーッと突き出してください。これを、ゆっくりと5回ほど繰り返しましょう。これは、ふくらはぎのウォーミングアップになります。

 

 

ふくらはぎがほぐれたら、つま先を天井の方に向けたまま、膝を伸ばして座ります。そして、ゆっくりと前屈をします。この時、膝と背筋をなるべく曲げずに行うのがポイントです。息をゆっくり吐きながら前屈していき、ふくらはぎが伸びるのを十分に感じるポイントで静止してください。

 

 

 

そのままゆっくりと呼吸を続けます。両足で行うのが難しい方は、片方の脚を胡坐のような状態で行っても構いません。

Cヨガ〜猫のポーズ〜

前述した通り、冷え性やむくみは、自律神経の乱れから起こる場合があります。今回は、そんな自律神経を整える効果のある、ヨガの「猫のポーズ」をご紹介します。

 

 

ヨガマットなどに四つん這いになります。このとき、手は肩幅、膝は腰幅程度に開いておきます。まず、鼻で息をゆっくり吐きながら、手と膝で床を押し、背中を丸めておへその方を見ます。息を吐ききったら、ゆっくりと鼻から息を吸いながら、お尻を天井の方へ突き出し、背中をそらせ、顔も上の方へと向けます。ゆっくり長く鼻呼吸を続けながら、この動きを繰り返します。大体5回は行いましょう。

 

 

ゆっくりと長い呼吸を続けることも、自律神経の乱れを整える効果があります。ストレスによる冷え性やむくみの改善に効果が期待できます。

 

 

 

マッサージやストレッチ、ヨガを行うのは、入浴後などの身体の温まった時がおすすめです。アロマオイルなどで、リラックスしながら行うと、安眠効果も期待できます。冷え性やむくみにお悩みの方は、寝る前の習慣として取り入れてみてはいかがでしょう。

自己流で解決できない冷え性とむくみは、病院で相談を

何科を受診すればいいの?

冷え性やむくみで病院にかかる場合、まずは、「内科」を受診するのがおすすめです。また、血行不良が原因である場合が多いため、「循環器科」でも診てもらうことができます。女性の方は、「婦人科」での受診も可能です。冷え性やむくみの他、月経不順や酷い月経痛などでお悩みの方は、婦人科を受診してみましょう。

 

冷え性・むくみで処方される漢方

冷え性やむくみで受診した場合、どのような薬が処方されるのでしょうか。今回は、冷え性やむくみの改善のために処方される、漢方をご紹介します。

 

 

冷え性には「当帰四逆加呉茱萸生姜湯

 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)は、主に手足が良く冷える方に処方される漢方です。トウキ、ケイヒ、シャクヤクなどの生薬が配合されており、手足の冷えや、それに伴う下痢や月経痛の改善に用いられます。

 

 

 

むくみには「五苓散」

 

五苓散(ゴレイサン)は、主に水分代謝の改善のために処方される漢方です。タクシャ、チョレイ、ソウジュツなどの生薬が配合されており、むくみや下痢、二日酔いによる吐き気の改善に用いられます。

何らかの病気のサインである場合も

冷え性やむくみは、何らかの病気のサインである場合や、放っておくと重大な病気に発展する場合があります。例えば、冷え性は動脈硬化むくみは腎機能の低下などが挙げられます。このような場合、早めに医師に相談することが大切です。

 

 

 

また、冷え性の中でも内臓が冷えている「かくれ冷え性」は、血行不良や免疫力低下も引き起こします。手や足先が冷えていなくても、このようなかくれ冷え性には注意が必要です。隠れ冷え性の特徴は、普段から顔色がさえない目の下にクマがあるお腹を触ると冷えている、などです。セルフチェックで当てはまった方は、特に注意してくださいね。

冷え性とむくみの改善は、ダイエットにも役立つ?

冷え性やむくみの症状がある方は、ダイエットの効果が出にくいという方が多いです。その理由は、冷え性やむくみの主な原因の中に、筋力低下があることが関係しています。

 

筋力が低下すると、身体では何が起こる?

身体の筋肉の量が低下すると、身体から熱を発する力が落ちます。これは、筋肉量の低下により、基礎代謝が下がることに関係しています。基礎代謝とは、人が生活していくうえで必須なエネルギーのこと。特に運動をしていなくても、この基礎代謝分は毎日エネルギーとして消費しているのです。

 

 

しかしながら、この基礎代謝が下がると、身体の熱が低下しやすく、その結果冷え性が発生しやすくなります。また、代謝が落ちた身体は、老廃物を貯め込みやすい状態になっています。その結果、むくみも発生しやすくなります。

 

 

 

筋力低下による冷え性やむくみには、筋肉量を増やし基礎代謝を上げることが効果的と言えます。

基礎代謝を上げるには?

基礎代謝を上げるには、毎日適度な運動と、バランスの良い食事を続けることが効果的です。しかしながら、これまで全く運動をしていない方が、いきなりジョギング行ったり、ジムに通うのは大変だと思います。まずは「一駅分歩く」ことや、「車でなく自転車を使う」など、毎日少しずつ、長く続けられることを見つけることが大切です。

 

 

また、食事面では、良質なタンパク質を摂取することを心がけてください。お肉なら、ヒレなどの赤身の肉鶏ささみ。魚介なら、マグロやサバ、エビなどです。また、大豆製品もおすすめです。

 

 

 

毎日の食事でこのような良質なタンパク源を補い適度な運動を続けることで、筋肉量を増やすことができます。筋肉量を増やすことは、脂肪を燃焼しやすい太りにくい身体づくりにもつながります。それなので、筋力低下による冷え性やむくみの改善は、同時にダイエット効果も期待できると言えます。

まとめ

いかがでしたか?冷え性とむくみの原因やその関係、4つの改善法などをご紹介していきました。冷え性とむくみの原因となるものには、共通しているものがあります。それなので、冷え性とむくみは、併発しやすい症状であると言えます。

 

 

また、冷え性の中でも、内臓が冷えた状態の「かくれ冷え性」は、内臓機能が低下し、その結果血行不良やむくみを引き起こす原因となります。お腹を触ると冷たい方や、顔の血色が悪い方は、このかくれ冷え性かもしれません。すでに手足のむくみなどの症状があらわれている方は、早めの対処が必要です。

 

 

 

冷え性とむくみの要因の中でも、筋力低下は、日頃の運動や食事で改善させることができます。特に「第二の心臓」と言われるふくらはぎの筋力低下は、血行不良や代謝の低下に繋がります。冷え性やむくみの症状が、特に足に現れる方は、適度な運動に加え、今回ご紹介したマッサージやストレッチを習慣づけてみてくださいね。

 

 

 

冷え性とむくみは、病気という意識が薄くなりがちですが、放っておくと重大な病気に繋がったり、何らかの病気のサインである場合もあります。それなので、あまりにも症状が重い場合や、長く続いている場合は、早めに医師に相談することをおすすめします。

 

 

 

私たちにとって身近な症状である冷え性とむくみ。これらの症状を改善させることは、身体の体質改善にもつながります。今こそ、辛い冷え性とむくみを改善させて、すっきりとした毎日を送ってみませんか?

 

冷えとむくみの関係関連ページ

冷えと不眠の関係
冷えとアレルギー性疾患の関係